JR大阪駅徒歩3分、地下鉄御堂筋線徒歩7分、西梅田駅徒歩1分。30歳以上の方の大腸内視鏡検査・甲状腺検査・乳がん検診ならおおたきく子クリニック

★専門医の女医によるラクで苦しくない 大腸内視鏡検査を得意としています。 ★胃内視鏡も細い経鼻カメラでの検査・麻酔下での胃カメラ検査を行っています。
★胃カメラと大腸カメラを同じ日に受けていただくことが可能です。胃カメラを9時に行い、のどの麻酔がきれたら、下剤を飲んで頂いて、午後から大腸カメラを行います。

30歳以上の方の大腸内視鏡検査・甲状腺検査・乳がん検診ならおおたきく子クリニック

いぼ痔を注射で治す ALTA療法 

いぼ痔があると診断され、注射で治せる痔核だった場合ALTAが受けられます。

いぼ痔を注射で治す『ALTA療法』 治療の流れ :
診察の流れに追加しました。

>> いぼ痔を注射で治す『ALTA療法』

錠剤の腸管洗浄薬(下剤)を採用しました

ビジクリア:日本で初めての錠剤タイプの腸管洗浄薬

大腸内視鏡検査前の下剤として1回当たり5錠ずつ、
約200mLの水とともに15分ごとに計10回(計50錠)服用します。

錠剤を水で服用するので味の問題はなく、
1回の検査で服用する錠数は50個と多いものの、
10回に分けて飲むことができるので患者の負担は少ないと考えられています。

液体の下剤の味が苦手です。下剤どうなかならないかな。

という患者さんからの声にお答えして、当院でも採用しました。

大腸の検査より下剤を飲む方が大変と思ったあなた!
次回は錠剤の下剤を試してみませんか。

いぼ痔は注射で治せます!

肛門の少し奥には、肛門を自然に閉じるために血管に富んだ柔らかい部分があります。
肛門への負担が大きくなるとその血管は太くなり、蛇行し、静脈瘤のようになります。

これをいぼ痔と呼びますが、徐々にうっ血が強くなり出血をを起こすようになります。

さらに、長く放置すると痔核は大きくなり、
支持している組織が引き伸ばされて肛門の外に脱出するようになります。

このいぼ痔を日帰りで、注射で治すことが可能になりました。

脱出を伴う内痔核に
ジオン(硫酸アルミニウムカリウム水和物、タンニン酸)という薬剤を投与して
痔核に流れ込む血液量を減らして、痔核を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。

保険適応:3割:15000円~ (痔核の大きさや個数で費用は変わります)

少し脱出する、出血するなど、
痔の症状が気になる方は、一人で悩まず、早めにご相談ください。

受付時間のご案内

受付時間
午前 9:00~12:00 午後 14:00~18:15
※ 初診の方は午前は11:30、午後は18:00までに受付を済ませていただきますよう
お願い致します。
※ 甲状腺の検査をご希望の方で、当日検査結果をお知りになりたい方は、
午前11:00まで、午後17:15までに受付をお願い致します。

診療時間のご案内

外来・胃カメラ AM 09:00 〜 12:00
外来・大腸カメラ PM 14:00 〜 18:30

※ 土曜日午後・日曜・祝祭日 は休診です。

※ 外来受診に予約は必要ありませんが患者様の待ち時間を少しでも短くできればと
考えておりますのでできるだけ電話予約をお願いします( 06 – 6147 -8711 )

※ 各種健康保険取り扱い。保険診療を行っています。

おおたきく子クリニックで胃カメラ・内視鏡検査を受けた患者様の声

多少の痛みはありましたが心配したほどではなかったです。 検査中、看護師さんが背中をさすっていてくださったのが安心しました。 先生も優しい言葉で質問にていねいに答えてくださり安心しました。 胃カメラは怖いと思っていましたが、その思いがくつがえりました。友人にもすすめます。 ありがとうございました。

2015年1月 40歳 女性

怖い気持ちもありましたが、みなさん優しく接して頂き、リラックスして受けられました。個室でテレビや本を読みながら待つので良かったです。これからは、年に1回受けたいと思います。

2015年2月 40歳 女性

検査は痛みも全くなく知らない間に終わってしまいました。Dr.も話しやすくて信頼できました。スタッフの皆様も親切で感じが良かったです。

2015年3月 51歳 女性

>> 患者様の声をもっと見る

健康セミナー過去ナンバー一覧

おおたきく子クリニックの特徴

30歳以上のあなた、おなかやおしり、甲状腺、おっぱいなど、恥ずかしいことを理由に検査を避けていませんか?おおたきく子クリニックでは、病気を早期に発見して、明るく元気に生活できる手助けをするクリニックを目指しています。


大腸検査・甲状腺・胃カメラ・乳がんまで!女性の立場で対応します

たとえばこんなことでお悩みではありませんか


北九州の門司生まれ、山口県下関育ち。本籍は熊本阿蘇の火の国の女です。おさかな大好き。猫2匹と同居中。院長の太田喜久子と申します。
「あなたが、元気に生活できるお手伝いがしたい」と思っているので、気になることを気軽にお話しにいらして下さい。

トイレに行ったら出血!おっぱいにしこり?
診てもらうのちょっぴりはずかしい・・・


おしりとかおっぱいとか、診てもらうのには少し勇気がいりますよね。
そんなあなたの気持ちが少しでも楽になるように、
私たちが全力でサポートします。だいじょうぶ、大丈夫。


おおたきく子クリニックが選ばれる7つの特徴


おおたきく子クリニックにおまかせください。

院長が女性です。

調子が悪かったり、検診で精密検査が必要といわれて、悪い病気ではないかしらと心配しながら訪れる場所がクリニック。不安で心細い気持ちでクリニックを訪れた時に、心配ないですよ。大丈夫ですよ。と優しい言葉をかけられたり、背中をさすってもらうだけで、あなたの気持ちが楽になるはず。女性院長が作り上げた、安心して検査・診察を受ける事ができるクリニックです。

    

おおたきく子クリニックの特徴

駅チカ・便利な交通アクセス

通院の負担を軽減できるよう、JR大阪駅から徒歩3分、地下鉄御堂筋線から徒歩7分、西梅田駅から徒歩1分。交通アクセスの良い立地を選び、開業しました。検査結果がでるまで、近くでショッピングも可能。お買い物ついでに、外出した帰り道、子どもを保育園に預けてそのまま。気構えしないで、少しでも気になることがあれば、いつでも相談にいらしてください。

    

おおたきく子クリニック

検査結果がその日のうちにわかる

精密検査の結果を聞くために、何度も病院に訪問する必要があったり、結果がでるまでに何週間もかかったり。それでは、「少し気になったときに気軽に」とは言えません。おおたきく子クリニックでは、検査結果をその日のうちにお伝えしています。
クリニックの場所は梅田のど真ん中。結果が出るまでショッピングなども楽しめる立地で、時間つぶしには困りません。

    

おおたきく子クリニック

癌とポリープを正しく判別

当院では、拡大視できるカメラを使って、癌(ガン)検査を行います。ポリープの表面の模様で、癌にならないポリープか将来癌になる可能性のあるポリープか、正しく判別した上で治療を行います。
院長の専門は外科、たくさんの癌患者と向き合ってきた経験から得たノウハウで、状態の変化、異変を見逃しません。

    
    

梅田の女性医師,検査

約1時間で甲状腺検査結果が判明

甲状腺疾患の診断治療に不可欠な甲状腺ホルモン値・甲状腺自己抗体値が約1時間で判明します。その結果、迅速な診断、早期の治療開始が可能です。また、受診回数も少なくなるように心がけ、異常症状の早期回復を目指します。

    
 

梅田の女性医師,検査

迅速かつ適切な病診連携

検査を経て、より症状に精通した医師の診察を受けてほしいと判断した際には、迅速かつ適切な病診連携を行います。提携医院と連携しながら、お一人一人の症状にあわせた最適な治療を行うための仕組みです。

    
     

おおたきく子クリニックの特徴

専門医師・認定医師の診察で癌早期発見を

おおたきく子クリニックの院長は、日本外科学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本乳癌学会認定医の資格を保有、外科医として、多くの癌の診断・治療に携わっています。
経験豊富な専門医師の診断で、病気を早期に発見して、元気に生活していただくお手伝いをいたします。

    

院長挨拶

30歳以上のあなた、お腹やお尻、甲状腺、おっぱいなど、
恥ずかしいことを理由に検査をさけていませんか?


おおたきく子クリニックでは、病気を早期に発見して、明るく元気に生活できる手助けをするクリニックを目指しています。

私が医師になった理由

私が3歳の時に2歳年下の妹が生後6か月で肺炎のため他界しました。3歳でしたが、大きなガラスの点滴瓶、最期に妹にスプーンでお水を飲ませたことは覚えています。妹みたいに赤ちゃんの時に死んじゃうのはイヤだと思っていました。小学校の卒業文集には、小児科のお医者さんになる。と宣言していました。

何とか医学部に進学し、5年生の臨床実習(ポリクリ)の時に外科の実習で手術室に入りました。自動ドアが開いて、大きな無影投があって。モニターがピ・ピ・って鳴ってて。テレビみたい。

血をみても、驚くわけでもなく、もっと近くで手術が見たくて、清潔な手術台に近付くものだから、そこの学生不潔だろ、おまえは。離れろ。と怒られました。一度は離れるのですが、手術が見たくて、近付いては怒られていました。

変な女子学生だったようです。貧血で倒れるくらいの方が、かわいげがあったかもしれません。

>> 続きを見る

おおたきく子クリニック院長日記

おおたきく子クリニック

クリニック新着情報

おおたきく子クリニック院長日記

おおたきく子クリニック
大腸内視鏡検査

おおたきく子クリニック甲状腺の病気 症状と治療へ

おおたきく子クリニック 消化器内科・肛門科
内痔核の治療

おおたきく子クリニック公式twitter

    

おおたきく子クリニックで内視鏡検査を受けた患者さまの声

検査前の下剤を飲むのは、少し大変で気分が悪くなりかけましたが、検査はあっというまに終わって、終わったのも気がつかないくらいでした。ありがとうございました。
あと専用トイレがあるのは、気兼ねなくトイレに行けてすごく助かりました。(大阪市 女性)

検査は全く痛みもなく、「始めますね」の直後には眠ってしまっていた。

ただ下剤の終わりの頃はトイレに何回もで、いつ看護師さんに確認して頂こうかと迷った。(大阪市 女性)

患者さまの声をもっと見る >>

©おおたきく子クリニック
All Rights reserved.

〒530-0001
大阪市北区梅田2-4-37 西梅田上島ビル5階