• 消化器内科
  • 肛門科
  • 内分泌内科(甲状腺)
  • 乳腺外科・内科
06-6147-8711
ALTA療法 24時間WEB予約
MENU

大腸カメラ
【大腸内視鏡検査】

MEDICAL

MEDICAL大腸内視鏡検査

近年大腸癌は増えています。現在、女性の癌死亡原因の第1位は大腸癌です。男性では第3位です。しかし、早期に発見できれば大腸癌は、ほぼ100%完治できます。大腸内視鏡検査で早期にポリープを発見・切除することで、大腸癌を予防することもできます。大腸癌の早期発見には、大腸内視鏡検査は不可欠です。検診で便潜血反応が陽性であっても、排便時に出血するような自覚症状があっても、大腸内視鏡検査を受けようと決心できない方が多いのも事実です。それは、大腸の内視鏡検査は痛い・苦しいというイメージが強いからだと思います。
しかし、現在では以前より細くて高性能な内視鏡が開発され、内視鏡医の技術の進歩により「ラク」で「痛みが少ない」検査ができるようになりました。
「大腸内視鏡は痛くて、つらい、こわい」と思っている方に、安心して検査を受けていただけることが当院の目標です。

MEDICAL当院の大腸内視鏡検査の特徴

① 大腸内視鏡検査は、日本消化器内視鏡学会認定指導医・専門医の院長が実施します。患者さんの負担をできるだけ軽減し、的確な診断・治療を行います。

② 当院の大腸内視鏡検査の最大のメリットは、ポリープ・早期大腸癌が発見された場合、その場で同時に切除を行い、クリニックの中で治療が完結することです。たとえ早期大腸癌が見つかったとしても、切除がその場で簡単に行なわれれば、手術を避けることができます。2cm以上あるポリープでも、安全に切除できるものは切除します。切除は日帰りで入院は必要ありません。内視鏡による療後は、患者さんの身体的負担はほとんどないため、検査が終わればそのまま歩いて帰宅でき、その日の生活も普通に行なうことができます。

痛みの少ない内視鏡検査

① 内視鏡を挿入する際、腸を折りたたむように短縮して内視鏡をなるべくまっすぐに入れていきます。1.5mほどある腸を80~80cm程度にまで縮めて入れていく挿入法(軸保持短縮法)で患者さんの痛みを最小限に抑えながら盲腸まで到達します。

② 鎮静剤を使用
大腸の形や長さによっては内視鏡挿入時に痛みが強くなることがあります。このような場合には、鎮静剤を使用した方が楽に検査を受けていただけます。又検査がこわい・ストレスを感じるという方には鎮静剤を使用することをおすすめします。鎮静剤を使用するかどうかはご本人のご希望に合わせて決めていますので、ご自分で選んでいただけます。

おなかの張らない検査(二酸化炭素送気装置)

大腸内視鏡検査は、一部の専門病院でしか導入されていない二酸化炭素送気装置を使用します。二酸化炭素は、空気の100倍近い速さで水分に吸収されるため検査終了後の腹部膨満感や不快感がかなり軽減されます。

高品質の検査

内視鏡検査では、質の高い検査を提供するため、オリンパスの最新の内視鏡「EVIS LUCERA ELITE」を使用しています。
高精細画像の最新システムで、内視鏡も粘膜表面を80倍に近接して観察できる拡大機能や血管の走行を強調する狭帯域光観察の機能を搭載しており、ハイビジョンのモニターと組み合わせてより正確な検査を行います。

検査用の下剤の種類を選べる

腸検査用の下剤(腸管洗浄液)にはいくつか種類があります。
当院ではモビプレップ、ピコプレップ、ビジクリア、の3銘柄の腸管洗浄液の中から選んでいただきます。
飲む場所も院内かご自宅かを選べます。
モビプレップは腸管洗浄力が高く、きれいになるまでの時間も短いので、特に御希望のない場合はモビプレップをおすすめしています。

それぞれの腸管洗浄液の特徴は以下の通りです。

モビプレップ(ポリエチレングリコール系) 梅ジュースのような味で、少し塩味が濃いです。
ビジクリア(リン酸ナトリウム系) 50錠の錠剤を15分おきに5錠ずつ飲んでいき、その合間に水・お茶を約2時間かけて計2リッター飲みます。これは、飲み方が難しいのでクリニックで飲んでいただきます。
ピコプレップ(ピコスルファートナトリウム水和物) オレンジジュース味。前日の夕方にピコプレップ150mlと透明な飲み物(お茶・スポーツドリンク・透明なリンゴジュース・コンソメスープなど)を1250ml以上飲んでいただきます。翌日、クリニックでピコプレップ150mlと透明な飲み物を750ml飲んでいただきます。下剤の量が少なく飲みやすいので、モビプレップが全量飲めなかった方におすすめしています。便秘の方にはおすすめしていません。

安全と安心

内視鏡学会のガイドラインに沿った安全対策を行っています。
内視鏡検査による院内感染を予防し、安心な検査を行うために、当院ではオリンパス社の洗浄装置を使い、内視鏡学会が推奨する高水準消毒剤アセサイドで内視鏡本体を消毒した上で、使い捨てのティスポ器具を用いてポリープ切除などを行なっています。

リラックスして受けられる検査

リラックスして受けられる検査

当院の下剤内服室は個室になっているため、下剤を飲むのもその後の時間も人に見られることなくゆっくりと過ごせます。

MEDICAL大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査の流れは次の通りです。

1. 検査予約

大腸内視鏡検査をご希望の場合は、事前に外来を受診していただきます。
検査日:月~土曜 ※ 土曜も検査可能です。
検査の2日前までには一度クリニックを受診してください。
医師による診察ののち予約いただきます。
服用中のお薬の確認いたします。(お薬手帳をお持ちの方は持参ください)

2. 検査前日

食事は検査食を3食(朝・昼・夕)食べていただきます。夕食は遅くとも20時までに済ませてください。その後は、水・お茶などの透明な水分以外は摂らないでください。
夜20時ごろと22時ごろに軽い下剤を飲んでいただきます。

3. 検査当日

常用している薬は検査予約時の指示道理内服してください。
糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないでください。お水・お茶・スポーツドリンクは摂取可能です。
当院で服用の場合、当日朝8時50分にクリニックにおいでください。
来院後、1リットルの下剤を2時間位かけて飲みます。通常7~10回の排便があり、便がきれいになるまで通常2~3時間かかります。便の政情が透明になれば検査を始めます。
ご自宅で服用の場合、下剤を飲んで排便が透明な液体になったら、クリニックにおいでください。

4. 検査

検査

検査着と検査用のパンツに着替えます。(金属類は外してください)
検査用ベッドに横になり、点滴をします。ご希望により検査前に鎮静剤を注射します。
検査は15分ほどで終わります。
当院では大腸内視鏡検査の際にポリープが見つかった場合は、ポリープ切除を一緒に行います。日帰りでの治療です。

5. 検査終了後

検査終了後

検査終了後は休んでいただき、その後院長より検査結果の説明があります。
鎮静剤を使用した場合には、当日は車・バイク・自転車を運転することはできませんので、公共交通機関で来院されるようお願いいたします。ポリープ切除のない場合は、すぐに普通のものを食べて構いません。生活上の注意も特にありません。
ポリープを切除した場合は、当日の夜から治療食を食べていただきます。また、切除後約2週間は旅行・アルコール摂取を控える必要があります。

MEDICAL大腸内視鏡検査の対象の方

当てはまる方は大腸内視鏡検査を受けましょう

  • 検診で便潜血反応が陽性
  • 過去に大腸ポリープがあった
  • 貧血を指摘された、急激な体重減少がある

大腸癌自覚症状のチェックポイント

早期大腸癌の自覚症状はほとんどありませんが、進行すると次のような症状をきたします。症状が自分にあてはまるなと気になった方は、おおたきく子クリニックで大腸内視鏡検査を受けてください。

  • トイレに行っても、またすぐに行きたくなることが多くなった
  • 便秘と下痢を頻繁に繰り返すようになった
  • 最近になって便が細くなった。「残便感」がある
  • 「腹痛」や「腹部膨満」などが現れる
  • 排便時の出血、便に血が混じっている
  • 血便や下血がある

大腸癌になる危険度を自覚しましょう

癌の自覚症状に敏感になることは大切ですが、その前にご自分の生活習慣などへのチェックも忘れないようにしましょう。
以下の項目で該当するものがひとつでもあれば、大腸癌への備えを忘れてはいけません。備えとは、大腸癌年齢の40歳になったら、定期的な検査をうけることに尽きます。セルフチェックで一喜一憂するよりも、内視鏡検査を受けることをおすすめします。

  • 肉食中心の食事を好む
  • 喫煙している
  • 運動はめったにしない
  • 毎日のように泥酔するほどお酒を飲む
  • 仕事や人間関係で、ストレスにさらされている
  • 睡眠不足など、不規則な日常を送っている
  • 癌家系である
  • 肛門の病気がある
  • 糖尿病を患っている
  • 最近、急に食欲がなくなった
  • 魚より肉類が好きで、野菜もあまり食べない
  • 40歳以上である